もんじろうでございます

はじめまして、エンタメドローン・クリエイティブディレクターのもんじろうでございます。
一言でドローンと言っても利用目的・可能な表現別に数十にも分類されます。
その為、何が出来るか?何を使ったら良いか?  
映像等のクリエイティブディレクターさんは迷います。
私はそのコーディネート・アレンジをしております。

具体的には、ドローンを単なるカメラとしてだけでなく、ドローンとパイロットを演者ととらえ、鬼ごっこ企画をサポートしたり、演者さんと阿吽の呼吸で演じ合うために、一緒にお稽古をしクリエイティブなことを創出しております。
得意とするところは、”うわっ” と魅了されるドローンの開発、ドローンシステムの開発、システム安定運用のサポート、ドローンイベントの企画・運営、メディアサポート、ドローンワークショップ等を行っております。ご利用先は、TV関連様・企画屋様・イベント関連様が多いところです。 パートナーは各ジャンルのプロパイロットさん、パイロットお抱え法人さんになります。

私は、幼少の頃よりのこぎりを持ち、ものづくりに邁進しておりました。以下の連載誌扉の写真は小学5年生の時に創作した、木のスーパーカーです。家から学校まで3キロ国道を走っておりました。この時のおばさま・おばあさまの驚く顔が忘れられず「ものづくりで人を驚かせたい」という思いで現在まで創造的ものづくりをしております。
年を重ねるごとに、使える素材のバリエーション、加工方法が増え、日々ワクワクしながらドローンづくりをしております。

日本のものづくり復活にかけ、ちびっ子と一緒にワークショップを行うことがライフワークとなってきました。自らの手先を使いドローンをつくり、一緒に魅了するドローンを飛ばすことに熱中しております。 目指すは日本の中小ものづくりの世界的復活です。
今ドローンレースのチャンピオンは小学生です。彼らの可能性にかけたい、中期計画はドローンを用いたロボコンの開催です。中・高学生が東京大学チームを破る。そんな事が実現されたらエキサイティングですね。

私は一言でいいますと「ものづくりで人を幸せにする人」です。

これからもワクワクすることを追及します。

お会い出来る機会がございましたら幸いです。

もんじろう
https://www.facebook.com/MONJIROSensei

東京大学大学院 非常勤講師 創造的ものづくり・創造性工学プロジェクト授業担当

書店に並ぶ唯一の定期ドローン本となりました「最新ドローン完全攻略 」コスミック出版  連載執筆中でございます。是非ご覧になってください。

もんじろうは ドローン界の奇才 (MONJIRO is Drone industry genius in japan) ネームを頂戴しました。天才ではないですが、恐縮です。